したためて 恐怖新聞

ホラー&サスペンスな映画しか書かないのよ(*´ω`*)

お題

今週のお題「ちょっとコワい話」

 

違う部署なんだけど私の先輩と同期友達で仲良くさせてもらってる先輩B子さん。

すごく面白くて大好きなんだけど、

なぜかたまにすんごい事件を起こすのよね(*´ω`*)

 

とある早出勤日、

出勤して更衣室に入ると隅っこの椅子に座ってるB子さんが。

 

「(*´ω`*)おはようございまーす‼︎」

と駆け寄ると、壁を向いたまま振り向きもしないの。

どうしたんだろう?って思って

「B子さん??具合悪いの??」

て近づいたらなんかすごい真顔で落ちこんでたの。いつも明るいB子さんがそんな顔面蒼白になるくらい落ちこんでる姿見るの初めてだったから心配になってしまって。

体の具合が悪いのか聞いたんだけど…

「あ…梅ちゃん…(´-`)私、もうダメみたい…もうほんとにダメみたい…」て消える声でつぶやくし。

 

これは…失恋?いや、体調??( T_T)

 

色々考えても私はわからなくて、そのあまりの姿にオロオロしちゃって。

 

 

「B子さん…何があったの??💦」

 

「(´-`)言えないよ…梅ちゃんに軽蔑されたくないし…」

 

「(*'ω'*)軽蔑なんてしないよ💦」

 

「(´-`)ありがとう…でも、私自身がもう…自分に軽蔑ってかさ…もうわからなくてさ…」

 

「(*'ω'*)💦そんな…」

 

ますますオロオロする私、自嘲じみた笑いのまま「あしたのジョー」ポーズのまま真っ白に燃え尽きたB子さん…

 

f:id:plumstar70:20170808003744j:image

 

ああ…どうしたらいいの。

とりあえず体調か悩みかわからないけど、こんな状態で仕事できないなら今日は上司に言って帰った方が良いのでは…て提案してみた。

 

B子さんは(´-`)こんな諦めた顔しながら

「梅ちゃんは優しいね…こんな私にも」

とか言い出す始末。何を聞いても「消えたいよ…」とか「自分を軽蔑するよ…」ばかりで椅子から動かないし、ほんとにいよいよ心配しすぎて仲の良いA先輩にLINEしたの。

「大変です!B子さん何かあったみたいで、あとどれくらいでつきますか?」とか入れたりして。A子先輩もビックリして、普段バスなのにタクシーで行く!て速攻来てくれて。

 

 

A先輩が来た時にはチラホラ他の女子社員も更衣室に入ってきてて、みんな何かあったの?て心配していたの。

A先輩も心配して「何があったかわからないけど、今日は帰って休みなよ?帰りに私も寄るからさ。話聞くよ?」て声かけてたんだけど、

やっぱり真っ白に燃え尽きたままのB子先輩微動だにせずで。

「消えたい…消えたい…」て繰り返してるの。

 

私たちも始業時間が近づいてきたから、もうそろそろフロアにいかなきゃいけない。

意を決して私はこのままB子先輩1人にするの心配だったから家まで私が送っていきますよ、て話をA先輩にした。

「うん、わかった。じゃあ梅頼んでいい??」

「はい!任せてください!」

私とA先輩はお互いB子先輩の為に仕事分担の話をザッと合わせてから親指をグッとする気持ちでB子先輩に一緒に帰りましょうって言ったの。

でもB子先輩は立ち上がらない。A先輩が「立てない??どこか痛みとかある?」て聞いても首を横にするB子先輩。

「じゃあ立ってB子」というとB子先輩が

「外に出れない…」て言うの。

A先輩と私が暑いから熱中症とか?て聞いても違う、らしい。

「じゃあ、なんで立って歩けないのよ?」とA先輩がB子先輩に尋ねたら

 

 

「ブラつけてくるの忘れたんだもん…(´-`)」

 

 

(`・∀・´)えっ。

 

え?え?え?

(`・∀・´)…

そこで私たちは気付いたのだ…

B子先輩の薄手のリネンっぽいシャツ姿、しかも壁向きに座って動かなかった謎。。

謎は全て解けたーっ!(*'ω'*)…じゃなーい笑!

 

そっから話を聞いたらB子先輩どうやらブラ忘れたの気づかないで会社まできたらしい笑

それでなんかスースーするなーみたいに感じてたけどわからなくて更衣室で着替えようとした時に発覚したみたい笑

…なんて人騒がせな笑(●´ω`●)

 

しかも電車乗ってきてるし薄手だし、絶対痴女って思われたーとショックで放心状態だったんだって。

結局その日はそのままA先輩のジャケット借りて昼にブラ買いにいったB子先輩(*'ω'*)笑

聞いてから結局三人で大爆笑したけど、、

よく考えたら夏場に薄手の洋服+ブラ忘れたら…たしかにコワイ笑

 

 

以上職場でよく起きたちょっとコワイ話でしたっ‼︎(●´ω`●)

 

広告を非表示にする